170507

2015年3月29日日曜日

「エサやり」は、楽しい♪

日差しもなく、気温も上がらず、
冷たい風が肌寒い1日となりました。

とはいえ、
朝から町を白く覆っていた霧は、
春の訪れを告げるものでしょう。

そんな本日3/29、


週末ということもあり、
ご家族連れを中心に多くの方にご来館頂きました。

ありがとうございます <m(__)m>

館内「川の広場」のお楽しみといえば、
「エサやり」♪

イトウ

イトウやニジマス、チョウザメなどに
エサをあげることができますw

お子様が楽しむのはもちろんですが、


一緒になって「はまる」お父さん方も
よく目にしますよw

↓↓↓

2015年3月28日土曜日

春の日差し +α

いわゆる「春霞」でしょうか・・・、
なんだかモヤモヤした空気でしたが、
穏やかな日差しに恵まれた本日3/28、

週末ということもあり、
多くの方にご来館いただきましたw

ありがとうございます <m(__)m>


柔らかい日差しが差す屋外の水槽では、

ヤマメ(サクラマス)

魚たちも、の~んびり過ごしているような?


ガラス張り天井のため、
一足早く季節が進む「川の広場」。


先日3/12に開花していたタンポポは、
早くも綿毛になっていますw

これを見ていたら、

↓↓↓

2015年3月26日木曜日

あおぞら~~~♪

昨日は雪も舞う冬の1日でしたが、
抜けるような青空が広がった
本日3/26。

春休みに入ったこともあり、
お子さんの声が館内に響いています♪

天気も良く、
気温が上がれば、
お出かけもしたくなりますよねw

今週末は、春を感じるような
穏やかな天気になりそうですから、

是非、
サーモン科学館へもご来館ください!!


年度末も迫ってきたところで、
事務仕事を受け持つ職員は、
気忙しい時間を過ごしています。
(私も含め・・・)


息抜きに地上30m「展望室」へ上がれば、


東には、北方領土「国後島」が
約25km先に浮かび、


北東方向には、
知床半島の山並みが聳えます。

目立つ山並みがある角度に目を奪われますが、

↓↓↓

2015年3月24日火曜日

でっかいwww

春の漁(沿岸小定置網)が始まり、
この所、数日おきに漁船に同乗する
「活魚作業」へ赴いています。

本日3/24出掛けた館長の話では、
クロガレイをメインに結構な大漁だったとかw

船上では、微力ながら漁師さんのお手伝いをするのですが、
今朝は、しっかり力仕事の戦力となった館長。
帰館した姿は「ヘロヘロ」でしたw
筋肉痛になっているそうです。

お疲れさまですっ ('◇')ゞ



その結果、

サクラマスと新入りの様子を見に来たシマゾイ

今季2本目となるサクラマスw
(残念ながら、この後「×」に・・・)


スケトウダラ

スケトウダラも1尾来ました♪

が、長持ちしないことが多いんですよね~。
この子は、どうかしら?


で、
本日のタイトルとなった「でっかい」のは・・・、

↓↓↓

2015年3月23日月曜日

腹へったぁ~ ??

閉館時刻を迎えた夕刻、
館内を廻っていると・・・、


「ん・・・??」


「海水大水槽」内では、
ギスカジカがお食事中・・・。

晩御飯となったのは、
ヌマガレイでしょうか。
(ちょっとデカすぎないかい・・・??)

この水槽では、
標津の海の魚たちを展示していますが、

 でっかいクロソイやら、

ブリ軍団やら、

その他、マツカワ(カレイの仲間)、アメマスなどなど、
魚食性が強いメンバーが多いので、
30cm以下のサイズの魚は、
「ごはん」か「おやつ」になってしまいます・・・。

もちろんエサは当たっているのですが、
目の前を口に入るサイズの魚が泳いでいれば、
「パクッ!!」といってしまうのは
本能なのでしょう・・・。


意外にも、

↓↓↓

2015年3月22日日曜日

撮り時っ www

朝から雪やミゾレが散る
イマイチなお天気の本日3/22でしたが、
週末ということもあり、
(今時期としては)
多くの方にご来館頂きましたw

ありがとうございます <m(__)m>


季節ごとに展示内容が変わる
館内「魚道水槽」では、

シロザケ稚魚

シロザケの稚魚約10,000尾の群泳を
展示中ですw

写真を撮る立場で見れば、
稚魚のサイズがちょうどよいのか、
今が写真映えするタイミング!!

・・・のような気がします。


というわけで、
1年後以降に使える写真を
今のうちに撮っておかねば!!


そんなシロザケ稚魚の展示面のお隣では、

ニジマス


↓↓↓

2015年3月20日金曜日

卒業・・・

パッとしない曇空、
気温も上がらず(といってもプラスですが)
午後からは雪が舞っています(積もらないでしょうが)

そんな本日3/20ですが、
町内「標津小学校」では、
卒業式を迎えました。

サケの町の子らしく、

シロザケ稚魚

シロザケのように新たな世界へ旅立ち、

ブリ

ブリのように出世して、

立派に成長していくことを
願いましょうw

↓↓↓

2015年3月19日木曜日

歓迎!! サクラ & 台湾 www

本日3/19、
今春シーズン1発目の「活魚作業」へ赴いた館長。
漁船に同乗し、展示用の魚を分けていただきます。

その結果、
幸いなことに・・・、


サクラマス

今季1本目のサクラマス、入りました!!

40cmほど、この界隈では割と「いいサイズ」w
もちろん、「銀ピカ」ですw


さっそく館内「海水大水槽」に収容・展示しています♪

今のところ1尾ですが、
これから乗船の機会も増えていきますので、
徐々に充実していくことに期待しましょうw


その水槽の前では、

台湾からのお客様♪

 
根室中標津空港へのチャーター機を利用した
台湾からの皆様がご来館です。
通訳を挟みながら、サケについてのレクチャーを少々・・・。

この、「サクラマス」と「台湾」というキーワードは
繋がるものがありまして・・・、

↓↓↓

2015年3月17日火曜日

神の微笑 www

いわゆる「年度末」というシーズンに入ったことと
この所、降雪もないため、
除雪作業に時間を割く必要もなく、
(+αの事情もあり)

事務所でのデスクワークが多くなっている
今日この頃。

PCとの「にらめっこ」に嫌気がさしたら、
カメラを持って館内へ・・・。


シロザケ稚魚:魚道水槽

このブログの「ネタ探し」でもありますが、

シロザケ稚魚:魚道水槽

メディア掲載用の画像や、
展示に使う画像を撮りためておくためでもあります。

タイセイヨウサケ(アトランティックサーモン):稚魚コーナー

今日は割と「撮れ高」があった印象ですが、

ブラウントラウト:稚魚コーナー

プロの機材も腕もないので、
数撃っていく中で
「奇跡の1枚」の降臨に期待します。


そして、

今日は、神が微笑みましたw
↓↓↓

2015年3月16日月曜日

ヒメの湖

このところ、気温も上がり、
春の訪れを感じさせるような
穏やかな日が続いています。

このまま一気に春になるとは思いませんが、
雪の降る日もあることと思いますが、
それでも冬の終わりに到達したかのような
うきうきとした気分になりますね。


だから、というわけではないのですが・・・、

久しぶりに、
少し大がかりな水槽のリニューアル作業をw

舞台は、

「中水槽3」

構想数か月・・・、
材料を揃え、ここ数日で改良作業を行いましたw

新たな住人は・・・?


↓↓↓

2015年3月15日日曜日

春近し・・・?

みんな揃ってソッポを向いたイトウ達が面白かったので・・・。
(嫌われたか?)

さて、

先日のブログでもお伝えした「啓蟄(けいちつ)」が過ぎ、
生き物たちも春が近づいているのが分るのか
動き始めているようです。


「飼育棟」にて作業をしていると
足元の落ち葉のようなものが動きました。


よく見るとクジャクチョウw

飼育棟で越冬していたようです。

さらに、本館のエレベーター2階乗降口の前ですが・・・、



お分かりいただけただろうか・・・

↓↓↓

2015年3月12日木曜日

館内点描

某新聞社の記者の方が来館され、

「ちょっと春らしい画・話題はないですか?」

う~ん・・・、

そういえば、

館内「川の広場」で

 エゾタンポポ

 カキドオシ

咲き始めました \(^o^)/

といっても、今日3/12現在
2個ずつですので、ちょっと話題になりにくいかな・・・?


そんな「川の広場」では、

↓↓↓

2015年3月10日火曜日

荒れてます・・・


今日の話題とは関係ありませんが、ヤマメ

北上してくる「二ツ玉」の低気圧が
北海道上空で合体し勢力を増し、
道東に吹雪をもたらす・・・。

もういいかげんに見飽きた
このパターンの天気図・・・。

3/10夕刻の現在、
標津は猛烈な強風に見舞われています。

 

寒気の張り出し具合や、
低気圧の微妙な進路によって
結果となる吹雪具合はことなりますが、

道東を中心にグリグリとナルトのように
 渦を巻く気圧配置になれば、
「要警戒」ということになります・・・。

↓↓↓

2015年3月8日日曜日

開花宣言w

数日後の天気予報に、
またまたまた・・・「吹雪」と出ている
当地では気の早い話ですが、

全国的には
そろそろ「桜」の開花が話題になる頃♪

「サクラ」といえば、

標津サーモン科学館にもサクラマスがいます。


といっても海に降りていない「ヤマメ」。

この子達は


玄関に入ってすぐの「渓流水槽」などで会えます。

もともとは野生の子達なので、
そのまま渓流水槽に入れても
拒食等により調子を崩してしまうこともあります。
そこで、まずはバックヤードで慣らしてから
皆様へとお披露目しております。



という話は前振りでして・・・、

私事にて先日に引き続き再度、
道央方面に行ってきました。

用事さえ済んでしまえば、
海岸線へ向かいますwww

お目当ては・・・??

↓↓↓

2015年3月6日金曜日

飛び出せ!!



気持ちの良い青空に恵まれた本日3/6。

暦の上では、「啓蟄(けいちつ)」です。

冬眠中の生き物たちが活動を開始するという
「春」を感じる暦。

もっとも
北国では「まだまだ」という感覚です。

サーモン科学館で展示中の

ニホンアマガエルは、

未だ春を迎えきっていないようですが、

エゾサンショウウオたちは、

エサも食べるようになってきましたw


野外の大地は、
未だ雪に覆われていますが、

館内「川の広場」では、


一足早く、植物たちの芽吹きが始まっていますw

日に日に顔を出す芽の数も増え、
鮮やかな緑が目に優しく感じます。

こんな気持ちの良い青空が広がれば・・・、

↓↓↓

2015年3月3日火曜日

今日は、3月3日w

昨日の吹雪が明けて本日3/3、

ずっしり積もった重い雪・・・、
職員一同、除雪に精を出す1日となりました。


帰宅した際、
ちょうど敷地の除雪に来ていた
アパートの大家さんの一言、

「天気と赤ん坊は、思うようにいかないからねぇ~」

はい、その通り・・・。


そんな今日は、「ひな祭り」♪

「ヒナ」と名の付く魚は色々いますが、
残念ながら当館には在籍しておらず・・・。

近い所で、

 ヒメマス(ベニザケ)

「姫」でヒメマスとか、


 ヤマメ(サクラマス)

「渓流の女王」と呼ばれるヤマメとか、

で、ご勘弁いただくとして・・・、


「お内裏様」に繋がりそうな魚は本当にいないので、

フサギンポ

ヒゲ面のダンディーで、いかがでしょう??


そんな3月3日は、

↓↓↓

2015年3月2日月曜日

これは、あかんやつや!!

本文とは関係ありませんが、展示中のクリオネ


天気予報では、昨夜から吹雪。

でも、夜中に風の音に起こされることもなく、
目覚めに窓の外を見ると、
雪は降っているものの、さほどでもない感じ・・・。

朝食を済ませ、出勤しようとすると、
「あれ、さっきより積雪がグッと増えてる・・・」

足で感じる雪の感触、
車に積もった雪の感触、
だんだん勢いを増すボタ雪の降る様、

ほぼ同時にサーモン科学館へ到着した館長と
顔を合わせた瞬間に二人で口にした言葉は・・・、


「これは、あかんやつや!!」

↓↓↓

2015年3月1日日曜日

みとしーwww

先日レポートした
「新江ノ島水族館」に続いて赴いたのは、
伊豆半島の西側、静岡県沼津市にある
三津(みと)シーパラダイス」♪
通称「みとしー」もしくは「しーぱら」

海岸に位置し、


イルカなどの一部は、
海に網を張った「生簀」的なスペースで飼育されています。

海獣類のショーも


書道をたしなむアシカの巨匠や、


知床半島海域にも姿を見せる
ジャンプが得意なカマイルカなどなど、

時間差攻撃で次々開催されるので、
「大規模水族館」というほどの敷地面積はありませんが、
あっという間に時間が過ぎてしまう感覚になりますw

ショーを始め、見所は多々ありますが、
私の「ツボ」にはまった水槽をピックアップ♪


↓↓↓