170817

2017年8月20日日曜日

上から見るか? 横から見るか?

本日8/20、
標津サーモン科学館裏手の標津川にかかる「観覧橋」の供用を開始しました。



標津川河口から約2km、
橋の上から、遡上したサケたちの姿をご覧いただくことができます。


*2012年9月10日の画像

という施設なのですが、

まだまだシーズン序盤ということで、
今日現在ごくわずかにカラフトマスが見られる(頑張れば見つけられる)という程度です。
これから魚影も増えていくでしょうから、期待することにしましょう。

*周辺エリアでは、斜里町ウトロ地区「遠音別(おんねべつ)川」などで、遡上したカラフトマスが見られています。

今後、このブログやFacebookページでも標津川の遡上状況をお知らせしていきますので、ご参考くださいw

「観覧橋」は、11月中旬ごろまで、10~16時を目安に開放しています。
(ゲート開放中はご利用になれます)
*準備ができ次第、早めに開けていることもあります
*悪天候・増水時など、閉鎖することもあります

 
話変わって、昨日8/19のこと。

斜里第一漁協からご連絡いただき、



 斜里町ウトロ漁港よりダウリアチョウザメ1尾搬入しました \(^o^)/

↓↓↓

2017年8月17日木曜日

人気投票'17 ~結果発表!~

8/10~16の「サーモンパーク夏まつり」期間中、

標津サーモン科学館の生き物たち
『神7+1』人気投票'17

と題し、8種の生き物を対象に人気投票を行いました。

7日間での応募総数:543票! 

ご投票いただいた皆様、ありがとうございました <m(__)m>

出場した8種は、

1.シロザケ
2.イトウ
3.チョウザメ
4.ドクターフィッシュ
5.クリオネ
6.クラゲ
7.エゾサンショウウオ
8.サーモン科学館館長

あなたが投票したメンバーは何位?

気になる結果発表デス!

↓↓↓

2017年8月14日月曜日

あと2日!

夏らしからぬ肌寒い道東地方。
最高気温が20度に届かない日々が続いています。

Uターンラッシュが話題になり、お盆休みも終盤戦。

連日多くの方にご来館頂き、
感謝申し上げます <m(__)m>

北海道内の多くの学校では、もうすぐ夏休みが終わります。

楽しい思い出はたくさんできましたか??


シロザケ♀:海水大水槽

「海水大水槽」で展示中のシロザケ、だいぶ婚姻色が出てきました。


現在開催中の「サーモンパーク夏まつり」
あと2日! 8/16まで!!



↓↓↓

2017年8月11日金曜日

サメも美味しい!

現在、標津サーモン科学館の「海水大水槽」では、アブラツノザメを展示しています。


アブラツノザメ(まだ1m弱くらい)

アブラツノザメは、主にかまぼこなど練り製品の原材料として、使われています。
そして、青森県など東北地方では、かまぼこだけでなく伝統料理として様々な食べ方をされているんです!!
刺身、ムニエルは勿論のこと、かば焼きにして食べたりしているようです。その他にも、色々な料理があるみたいですよ(*’ω’*)

色々なアブラツノザメの料理をみてますと、一般的な白身魚でできる料理は、サメでも可能なのかなと、思いました。

↓↓↓

2017年8月10日木曜日

あなたの☆推しメン☆は誰?

本日8/10から、
「サーモンパーク夏まつり」開催中♪
初日から多くの皆様に、ご来館頂き、感謝申し上げます <m(__)m>

期間中のお楽しみ企画のひとつが、

標津サーモン科学館の生き物たち
『神7+1』人気投票'17


標津サーモン科学館ではサケの仲間を中心に、標津の海や川に暮らしている生き物たちを展示しています。

その数 約80種! (8/1現在)
その中から特に人気のある7種+1を選び
誰が№1となるか皆さんに投票していただきます!

さてさて、気になるエントリー選手は・・・??

↓↓↓

2017年8月9日水曜日

実習生日記:8/9

はじめまして!
7/26から8/8までの約2週間、博物館学実習で標津サーモン科学館にお世話になっていたTK大学のS.K.です。
ここ標津では、8月でも肌寒い日があることに驚いています。実習が終わっても、真夏の東京に帰れる気がしないですね。

さて、この実習では、水槽の掃除や指パクコーナーのお手伝いなど、様々な業務を体験させていただくのですが、その中で一番私の印象に残っているのは沿岸小定置網の漁船に乗せていただいたことです。館内の水槽に展示する魚をいただくために行ってきました!

朝6時に、地元の漁師さんの船に乗せていただきます。
朝の海は静かで、とても気持ちがいいです。



 
海の中に入れてある網をひいていきます。
ここで網を引く手応えが重いと大漁かも!?



↓↓↓

2017年8月7日月曜日

8/10~16「サーモンパーク夏まつり」開催!

標津町民祭り「水キラリ」8/5~6が終わり、
夏休みも佳境ですね♪

今年もお待ちかね、
「サーモンパーク夏まつり」開催ですっ!

「サーモンパーク夏まつり」
8/10(木)~8/16(水)





◎今年も標津沿岸に帰ってきた!
 シロザケ・カラフトマス展示中




標津沿岸で漁獲されたシロザケやカラフトマスを
館内「海水大水槽」で展示しています。
 



展示数も、ドンドン増やしていきますよ~!!


◎写真展「アラスカのサケたち」 ~ベニザケ編「碧き川を染めし紅」~



氷河を源流にもつアラスカの青い川を泳ぐ、鮮やかなベニザケの写真17点を展示しています。
豊平川さけ科学館・サケのふるさと千歳水族館との連携企画です。
※8/27まで

↓↓↓

2017年8月4日金曜日

祝! 190万人!!

本日8/4午前中、
標津サーモン科学館の累計入館者数が、190万人に到達しました \(^o^)/


1991年(平成3年)9月15日の開館から26年目。

記念すべき190万人目のお客様は、



 標津町のご出身で茨城県在住の小原様♪

くす玉を割り、記念品を贈呈致しました。

日々ご来館頂いている皆様、
運営にご協力頂いている皆様に
改めて感謝申し上げます。

次の大台となる200万人に向けて、
皆様に愛されるサーモン科学館として、
サケたちの魅力をお伝えしていきます!



◎記念品(ご協力)
・標津産トキシラズ:しべついちば(島田商店様)
・珍味お菓子など詰め合わせ:レストラン「サーモン亭」標津観光開発公社様
・サーモン科学館オリジナルグッズなど


 
 

玄関上に横断幕も貼りました♪
 

2017年7月31日月曜日

8/2、予告!

明後日8/2になりますが、

NHK総合「シブ5時」
16:50~18:10

番組内のどこかで、
標津サーモン科学館から生中継予定!

全国放送デス!

是非、ご覧ください!

さ~て、何が登場するかな!?

きっとサーモン科学館に行きたくなるはずっ。

*予定が変更にならないよう、
 大きな事件・事故はご遠慮いただきたい!

2017年7月28日金曜日

今季初物!

午前中から雨が降り出した本日7/28。
明日からの週末には、回復してほしいですね。

そんな雨が降り出す前の今朝のこと。

漁船に同乗して展示魚を採取しに出かけた館長。
「ドヤ顔」で帰館しました \(^o^)/

その成果は・・・、




今季初物となるシロザケ(秋サケ)‼



シロザケ♀2尾をgetしてきました♪


 カラフトマス

カラフトマスも3尾!

これから漁獲される量も増えてくるでしょうから、
展示水槽の方も賑やかにしていきたいですね♪

そして、もう1尾が・・・、


 尾ビレに「銀色放射」が!

↓↓↓

2017年7月26日水曜日

画伯揃い!?

町内標津小学校も、昨日7/25から夏休みに入りました♪

館内でも平日にもご家族連れの姿が目に付くようになり、夏休みに入ったことを感じますね。

そんな夏休みに先立って、標津小学校4年生の作品が到着!

「サケの町 しべつ」に育つ子供たち。
標津小学校では、学年ごとに、学習段階に合わせた「サケ学習」が、サーモン科学館で行われます。
4年生は「サーモン科学館探検隊」と題し、サーモン科学館で展示している生き物を各自1種選んでイラストとテキストでレポートをまとめる、という課題です。



 7月中に2回来館し、
それぞれ好きな生き物を選び、



その生き物について調べ、
1枚のシートにまとめた成果品を



先日より館内に掲示しています。



*概ね選んだ生き物が展示されている場所の近くに掲示されています。

↓↓↓

2017年7月21日金曜日

入りました!

まずはお知らせから。

今週末7/22・23、
標津漁師会の皆さんによる「浜ピザ」販売♪

 

7/22(土) 15:00~21:00
7/23(日) 9:00~18:00

セブンイレブン標津町店駐車場
*各日限定200枚

是非、皆様足を運んでみて下さい!


そして、本題。

今朝7/21、
漁船に同乗して展示魚を採取する「活魚作業」に赴きました。
期待したいのは、

カラフトマス!

さ~て、その結果は・・・!?

↓↓↓

2017年7月20日木曜日

書籍発行のお知らせ


「さかなのたまご」
ポプラ社

内山りゅう氏の新刊です。
標津サーモン科学館も協力しています。

色々な魚の生き残り戦略が紹介されていますが、
もちろんサケもたっぷり登場します!

2017年7月16日日曜日

上陸!



今シーズンもののエゾサンショウウオの幼生たち。

展示開始から、3週間少々経ち、前脚・後脚も生えそろいました。
そして、特徴的な外鰓(がいさい:エラ)がだんだんと縮むと、水中生活から陸上生活へと、新たなステージに進みます。

↓↓↓

2017年7月12日水曜日

サケが暮らした川

本日7/12、町内標津小学校3年生の皆さんがご来館。



 「サケの町 しべつ」に育つ子供たち。
標津小学校では、学年ごとに
学習段階に合わせた「サケ学習」が、
サーモン科学館で行われます。

3年生は、春にシロザケ稚魚の放流を体験しています。
今回は、その稚魚たちがひと時を過ごした川の生き物を調べます。

サーモン科学館裏手の小さな小川。

 

下流で標津川へ合流し、海へと続く小川です。

春にはシロザケの稚魚がここを降っていくのですが、



玉網片手にガサガサガサ・・・♪

さてさて、成果の方は??

↓↓↓

遡上の難所「金山の滝」に挑む

いつも猛暑とは縁のない標津ですが、今日7/12に限っては、蒸し暑いですねぇ~。
残念ながら、ちょっとこの気候が2~3日続きそう・・・。

せめて話題だけでも涼しげに。
先日7/8(土)に開催した「サクラマス遡上観察会」のレポートです。
__

標津町が誇る清流・忠類川。この時期は上流域にある「金山の滝」で,その滝を遡ろうとするサクラマスを見ることができます。


サクラマス
*この写真のサクラマスは忠類川のものではないですが,道東河川において,調査のため道知事より特別採捕許可を受けて捕獲したものです。

標津サーモン科学館では,先週の標津小学校の観察会に続き,7/8も金山の滝にて「サクラマス遡上観察会」を行いました!
今回は一般の3組7名の他,メディア関係者など3名の計10名が参加されました。

まず,当館の大水槽前で,サクラマスの生活史などについて館長がレクチャー。



次に車で30分ほどの現地駐車場まで移動。

滝に行く途中にある橋の上からも





群泳しているサクラマスの姿が!



 ↓↓↓

2017年7月5日水曜日

標津小学校:サクラマス観察会

本日7/5、
町内標津小学校5年生の皆さんと忠類川「金山の滝」にて、
サクラマス遡上観察会を行いました。



「サケの町 しべつ」に育つ子供たち。
標津小学校では、学年ごとに
学習段階に合わせた「サケ学習」が、
サーモン科学館で行われます。

町内「忠類川」は、知床半島基部を流れる清流。
 

上流にある「金山の滝」は
河口から流程で20km近く上流に位置し
落差3mほどでしょうか。



さ~て、首尾よくサクラマスはジャンプするでしょうか!?

↓↓↓

2017年7月4日火曜日

7/8(土)「北海道クラシックカーラリー」

初夏の北海道を駆け抜ける
「北海道クラシックカーラリー」
7/7から3日間開催されます。



 
 札幌をスタートし、今年は、知床半島を目指し道東を巡るコース。



7/8(土)14:00前後にかけて、
標津サーモンパーク(STAMP/PC競技)に立ち寄ります。


サーモンパークの会場では、出場車が一斉に集合するわけではありません。
チェックポイント的に、順に来場され、敷地を一周して退場されます。


一般の皆様も見学可能で、前もって13:30頃までにご来場いただくことをお勧めします。
*ルートマップ等では、余裕をみて13:15となっていますが、予定では14:00前後を見込んでいます。(実際の走行によって、到着時刻は前後します)

なお、駐車場が込み合うことが想定されますので、見学の際には、隣接の「あすぱる」駐車場をご利用ください。

標津町生涯学習センター「あすぱる」
サーモンパーク敷地入り口の斜め向かいになります。

※詳細は、「北海道クラシックカーラリー」公式サイトをご確認下さい。

2017年7月1日土曜日

写真展「アラスカのサケたち」ベニザケ編

標津サーモン科学館では、

北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画
Wild Harmony 安井健太郎 写真展
「アラスカのサケたち ~Wild Salmon in Alaska~」

Second Run ベニザケ 「碧き川を染めし紅」



7/1~8/27 開催中です!

過去に知床で活動し、
近年アラスカでサケ類の撮影を行っている
Wild Harmony 安井健太郎氏(神奈川県在住)の写真展、
第1弾カラフトマス編に続いて、
第2弾ベニザケ編の17点を展示しています。



今回もアクリル表装の写真が中心ですので、
まるで水の中で見ているかのような臨場感のある写真です。

アラスカの川のブルーを背景に、
深紅に身を染めたベニザケたち。
彼らを育むアラスカの風を感じて下さい。

↓↓↓

2017年6月29日木曜日

写真展「カラフトマス編」は明日6/30までっ!

現在開催中の、



北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画
Wild Harmony 安井健太郎 写真展
「アラスカのサケたち ~Wild Salmon in Alaska~」

 

第1弾カラフトマス編は、

明日6/30午前中までとなります。



改めて、会場をひと巡りしてみましたが、



アクリル表装の水中感のある写真、



 
 カラフトマスの迫力ある表情、

遡上から産卵、死へと至る、彼らの生命のドラマ

↓↓↓
 

2017年6月27日火曜日

明日6/28はNHK! + 新着魚

まずは、お知らせから♪

明日10/25(火)お昼前の11:50から
NHKテレビ釧路放送局
 地域の情報をお知らせする
「つながる@タンチョウ」内、
「つながる@ミュージアム」
生電話で出演します!!

主に現在開催中の写真展「アラスカのサケたち」および7/8「サクラマス遡上観察会」を紹介します。
釧路・根室エリアの放送になりますが、是非ご覧ください <m(__)m>w

そして、新着魚の紹介っ!

昨日6/27、町内の漁師さんが、



 ヤギシリカジカ

ヤギシリカジカ2尾を持ってきてくれました \(^o^)/

↓↓↓

2017年6月25日日曜日

チョウザメたちの成長

皆さん、こんにちは!

以前このブログで、サーモン科学館で人工授精したチョウザメの卵が孵化したことを紹介しました。

・人工授精の記事 → コチラ
・孵化が始まった記事 → コチラ

それでは、今現在どうなっているのか、紹介したいと思います!!



デデン!!
 

↓↓↓

2017年6月24日土曜日

7/8(土):「サクラマス遡上観察会」のお知らせ

毎年好評いただいている
「サクラマス遡上観察会」

標津町内忠類川「金山の滝」で
サクラマスが果敢にジャンプをする姿を
観察します。



○7月8日(土)13:00~ ※悪天中止
○定 員 申込先着20名
○集合場所 標津サーモン科学館
○参加料  入館料+520円(保険料、資料代)
○申込締切 7月7日(金)
○スケジュール
 13:00~ 館内でレクチャー
 13:20~ 金山の滝へ移動
  (各自移動して、そ上観察)
 14:30頃 金山公園で解散
○用意する物 汚れてもいい服装、軍手、長靴、虫よけ
○その他ご注意・確認事項
  ・どなたでもご参加いただけますが、
   一部ロープを使って崖を降りる場所があります。
  ・小学生以下の方は、保護者同伴でお願いいたします。
  ・サーモン科学館から金山の滝までは、
   各自で移動をしていただきますので、
   ご自身での移動手段がある方とさせていただきます。

★お申し込みは、標津サーモン科学館まで★
Tel.0153-82-1141  Fax.0153-82-1112
HPのお問い合わせフォームから
氏名・年齢・住所・電話番号をご連絡ください。


*クリックで少し大きく表示されます ↑

 皆様のご参加をお待ちしております!