170701

2017年6月29日木曜日

写真展「カラフトマス編」は明日6/30までっ!

現在開催中の、



北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画
Wild Harmony 安井健太郎 写真展
「アラスカのサケたち ~Wild Salmon in Alaska~」

 

第1弾カラフトマス編は、

明日6/30午前中までとなります。



改めて、会場をひと巡りしてみましたが、



アクリル表装の水中感のある写真、



 
 カラフトマスの迫力ある表情、

遡上から産卵、死へと至る、彼らの生命のドラマ

↓↓↓
 



各写真には、タイトルとキャプションがついていますが、
 



「生と死で編み上がる物語」
A Story weaved by life and death

子孫を残す目的を果たし、産卵した魚は命ある限り卵を見守り、やがて死ぬ。
川の深みには先に産卵した魚の死骸と、他の魚の産卵で掘り返されてしまった卵が積み重なっていた。
川を舞台に生と死が複雑に編み重なって織りあがる産卵の物語。


手前味噌ながら、
「いい写真展だったなぁ~」と、しみじみ・・・。

当館で見逃してしまった方は、
7/15から札幌市豊平川さけ科学館
9/2からサケのふるさと 千歳水族館
へとカラフトマス編が巡回展示となります。

とう館では、明日の午後から写真の入れ替えを行い、
7/1から第2弾となるベニザケ編の開催となります。



本日タイトルボードも届きました \(^o^)/

現在、キャプションなどパーツを鋭意準備作業中!
色鮮やかなベニザケの写真に、乞うご期待デス!

(T.N.)

 ***************************
7/8(土)「サクラマス遡上観察会」
参加者受付中デス!
***************************

標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッ♪
 

0 件のコメント:

コメントを投稿