2017年12月13日水曜日

今日のお仕事

標津サーモン科学館の主役であるシロザケは、残念ながら1年中いる魚ではありません。

いや、卵とか稚魚とかを含めれば、年間を通じて館内で飼育・展示しているわけですが、
春に稚魚が旅立ち、
夏から秋にかけて沿岸で漁獲され、
川に遡上して、
産卵して死んでしまう魚ですので、
「サケ」感のある成魚が展示できる季節は限られます。

館内の「魚道水槽」は、当館の目玉展示水槽のひとつですが、
そんなサケのライフサイクルに合わせて、季節毎に展示が変わります。

11月には、この水槽内で「シロザケの産卵行動」を展示していました。
サケが産卵するためには、底面が砂利になっている必要があるため、10月末に「砂利を入れる」作業をするわけです。
それが終わると、今度はその砂利を「揚げる」作業が必要でして・・・。

はい、今年もやって参りました!

「砂利揚げ」day!!



年間ルーチンの中で、最も「力仕事」な1日です。



↓↓↓

2017年12月11日月曜日

冬季休館中のお仕事

12月よりサーモン科学館は冬季休館に入りました。

北海道の寒い冬、職員たちもお休み・・・
って訳じゃないんです!!

ちゃんと職場に出向き、仕事しております!!(。-`ω-)

では何をしているのか?

当然、飼育している魚のお世話もしています。

が、

当然、それだけではございません!

普段、手入れできない所を綺麗にしたり、物を新しくしたりしています。

そして今回、私が紹介するのは・・・、

ジャジャーーーーン!!!



ミニ「釣り堀コーナー」のお魚です(>_<)

見てわかる通りコレ、私達の手作りです。
手作りゆえに消耗も激しく、今のうちに量産を!

どういった風に作られているのか?
大雑把に紹介したいと思います。

↓↓↓

2017年12月8日金曜日

冬の釣りの主役:チカとワカサギ

12月に入り,朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。
雪も積りはじめ,すっかり冬に入った感がありますが,このような寒い時期の釣りのターゲットを心待ちにしている太公望の方々も結構いらっしゃいますよね!


標津付近における冬の代表的なターゲットといえば,コマイとチカ,そしてワカサギ。
今回は,見た目がよく似たキュウリウオ科のチカとワカサギを取り上げます。

チカ

↓↓↓

2017年12月7日木曜日

お宝を探せ!

標津サーモン科学館の「魚道水槽」では、
11月の1か月間


シロザケの産卵

「シロザケの産卵行動」を展示し、水槽内で産卵の準備から瞬間まで一連の流れを、皆様にご覧頂いていました。

「産んだ卵はどうするんですか?」

というご質問をしばしば頂くのですが、
その答えは、

「回収します!」

というわけで、本日12/7、その「回収作業」を行いました。



↓↓↓

2017年12月5日火曜日

海と大地の恵み '17冬

ニュース等でご覧になった方も多いのではないでしょうか?
 
昨日12/4になりますが、
 
 
標津漁業者漁船部会と農協のご厚意により、標津町内各戸に特産のホタテとバターが提供されます。
漁業と酪農が盛んな標津町ならではの、粋な計らい♪
 
毎年、8月にホタテ、9月に秋サケ、12月にホタテ+バターの配布があり、「その時期」になると標津町への移住希望者が瞬間的に激増します!
 
ホタテ漁の船上での様子は、こちらの記事↓でどうぞ♪
(隣町ですが)
 
 
船上でのご苦労があって、美味しい海の幸が食卓へ届いているのです。
 
↓↓↓
 

2017年12月1日金曜日

「サケの水族館」巡り♪

先日、札幌まで赴く所用(仕事デス!)があり、
その足で、11/29に「札幌市豊平川さけ科学館」と「サケのふるさと 千歳水族館」にお邪魔してきました♪

当館と両館では今年、北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画「アラスカのサケたち ~Wild Salmon in Alaska~」を開催し、そのお礼のご挨拶がてら伺いました。

両館については、過去に当ブログでも何度か紹介しています。
(過去記事を探ってみてね♪)


 札幌市豊平川さけ科学館

「展示ホール」には、シロザケの産卵行動を再現したジオラマが展示されていますが、



親ザケは剥製を使っているので、とってもリアル! (当たり前か・・・)

その他、

↓↓↓